トップページ > 神社いろは > おみくじについて

おみくじについて

About the sacred lot
おみくじについて

神社に参拝した際に「おみくじ」を引き、運勢などを占われた方も多いかと思います。おみくじは漢字で書くと御神籤と書きます。

 

おみくじは「くじ」の一つで、「くじ」とは、偶然を利用して、物事を機械的かつ公平に決める方法です。現代でも、順番や商品の当選者などを決めるとき、くじ引きによて 決定することが多くみられます。おみくじとは、この「くじ」に神意を求める方法になります。 丁寧語の「御」や「神」という文字を入れて、普通のくじとは一線を画しています。

一般的に「おみくじ」は、個人の運勢や吉凶を占うために用いられているわけですが、種類もいろいろとあります。その内容には、大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶という吉凶判断、金運や恋愛、失(う)せ物、旅行、待ち人、健康など生活全般に亙る記述を見ることができます。

 

「おみくじ」は単に吉凶判断を目的として引くのではなく、その内容を今後の生活指針としていくことが何より大切なことといえます。また神社境内の木の枝に結んで帰る習わしもありますが、持ち帰っても問題はなく、引いた「おみくじ」を充分に読み返し、自分自身の行動に照らし合わせてみたいものです。

 

前のページに戻る