トップページ > 御祈願 > 神前結婚式について

神前結婚式の御案内

About Shinto-style wedding
神前結婚式について

神前結婚式の良さが改めて見直され静かな人気となっているようです。白無垢姿の花嫁は、なんとも言えず美しいものです。

「神前結婚式」の最古例は明治初期に遡り、 それが一般に広まったのは、1900年(明治33)5月10日に皇室御婚令が発布され、皇太子(後の大正天皇)の御婚儀が初めて宮中賢所大前で行われてからのことで、同様の神前結婚式を挙げたいという気運の国民間での高まりに応じ、東京の神宮奉賛会(現在の東京大神宮)が皇室の婚儀を参考にして民間での「神前結婚式」の様式を定め、翌明治34年3月3日に模擬結婚式を開催、以降、改良や普及活動を行いました。今日「神前式」として行われているものは、この神宮奉賛会が創設したものが元になっています。

 

○ お申し込みについて

日時決定後当神社にお申し込み下さい。 尚、本殿にて祭典がある日は挙式をご奉仕できない事があります。当日の控室は社務所にて準備致します。挙式参列者の方は三十分前までに社務所にお集まり下さい。

○ 初穂料(挙式の費用)は御相談に応じます。

 

前のページに戻る