トップページ > 神社いろは > 神社のご利益

神社のご利益

Profit of Shinto shrine
神社のご利益

書店で、神道関係の書籍の中でも多く店頭に並んでいるのは、全国各地の神社や神様のご利益に(ごりやく)について述べられたものではないでしょうか。

 

我々日本人は、神々の恩恵を受けることにより、生命を保つための一切のものを戴いているという考えをもち、共同団体の守り神として神々を祀り、祈ることが神道の信仰であると考えてきました。しかし、その一方で、商売繁盛や学業成就、病気平癒や開運招福などえお願う個人的な祈願も、歴史から見て、日本の文化と深い関わりを有していることがわかります。

 

ご利益とは、日常生活の問題解決に、神々の恵が人々に与えられることです。

 

人々が日々生ずる不安や苦しみから逃れたいと切実に祈る気持ちや、さらなる生活の向上を願う思いが、ご利益の信仰として表れたものですので、個々のご利益が必ずしも各神社や神様の御神格や御神徳の全てを表したものではありませんが、全国の神社を特徴づけ、その信仰に深みを与えているということができます。

 

前のページに戻る